ニュース
» 2020年10月07日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:さらなる微細造形の実現に向けて共同開発した3Dプリンタ用ノズル

テクダイヤは、さらなる微細造形を求める声に応えるべく、久宝金属製作所と共同で先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズルを開発したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 テクダイヤは2020年9月23日、久宝金属製作所と共同で先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズルを開発したことを発表した。

テクダイヤと久宝金属製作所が共同開発した先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズル テクダイヤと久宝金属製作所が共同開発した先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズル ※出典:テクダイヤ [クリックで拡大]

微細造形を求める声に応える先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズル

 一般的に、熱溶解積層(FDM)方式3Dプリンタのノズル先端穴径は、小さくなればなるほど精巧な造形が可能になるといわれている。しかし、FDM方式3Dプリンタの標準的なノズル先端穴径は0.4mmで、安定した出力ができる最小穴径は0.2mmとされていた。

 このような現状に対して、さらなる微細造形を求める声も多く、テクダイヤと久宝金属製作所は共同で、先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズルの開発に着手した。

先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズルの造形精度について 先端穴径0.1mmの3Dプリンタ用ノズルの造形精度について ※出典:テクダイヤ [クリックで拡大]

 久宝金属製作所は、同年11月から同ノズルを搭載したFDM方式3Dプリンタ「Qholia(クホリア)」の販売を開始する予定。テクダイヤも3Dプリンタ用ノズルとして一般販売を行う方針を掲げている。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.