ニュース
» 2020年10月07日 07時00分 公開

FAニュース:FAコンピュータの処理速度を最大3.4倍向上、第8世代Coreプロセッサ対応

コンテックは、省電力かつ高速処理が可能な第8世代Coreプロセッサ搭載のFAコンピュータ「VPC-1700」「VPC-3100」を発表した。従来モデルに比べ、VPC-1700は約3.4倍、VPC-3100は約1.9倍処理スピードが向上している。

[MONOist]

 コンテックは2020年9月15日、省電力かつ高速処理が可能な第8世代Coreプロセッサ搭載のFAコンピュータ「VPC-1700」「VPC-3100」を発表した。「VPC-1600」「VPC-3000」の後継モデルで、同年10月15日より受注を開始する。

キャプション FAコンピュータ「VPC-1700」 出典:コンテック
キャプション FAコンピュータ「VPC-3100」 出典:コンテック

 両モデルともインテルQ370チップセットを搭載しており、インテル第8世代Core iプロセッサに対応。BTO(注文後組み立て)方式採用のため、CPU、メモリ、ストレージ、ホットスワップ対応ハードウェアRAID(ミラーリング)構成などを選択できる。

 従来モデルとは外形互換性と機能面を継承しつつ、VPC-1700は約3.4倍、VPC-3100は約1.9倍(それぞれ最上位CPUとの比較)処理スピードが向上。高度な画像処理や、高速制御処理が必要なエッジコンピューティング環境にも対応する。

 ネジなしで着脱可能なフロントパネルなため、ストレージ、空冷ファン、防塵フィルターの交換が容易だ。また、ホットスワップ対応ハードウェアRAID 1に対応しており、システムを連続稼働させたままストレージ交換ができるなど、24時間連続稼働を想定した信頼性の高い長寿命設計となっている。

 Gigabit LANポート×3、USBポート×8、DVI-I、HDMI、DisplayPortなど多彩な拡張インタフェースと、PCI ExpressとPCI用ボードが合わせて最大4枚実装可能な拡張スロットを装備しており、さまざまな周辺機器やI/Oボードを自在に拡張できる。

 長期製品供給や修理保守サービスのほか、有償で最長7年にわたりアフターサービスを提供する長期オンサイト保守サービスも提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.