ニュース
» 2020年10月14日 13時00分 公開

メカ設計ニュース:金属から文字が!? 燕三条の金属加工技術が生んだ「マジックメタル」を限定販売

銀座 蔦屋書店は2020年10月12日、武田金型製作所と共同で、店頭・オンラインストア限定「マジックメタルキューブ」の販売を開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 “アートのある暮らし”を提案する銀座 蔦屋書店は2020年10月12日、武田金型製作所(新潟県燕市)と共同で、店頭・オンラインストア限定「マジックメタルキューブ」の販売を開始したことを発表した。

銀座 蔦屋書店限定「マジックメタルキューブ」 銀座 蔦屋書店限定「マジックメタルキューブ」 ※出典:銀座 蔦屋書店 [クリックで拡大]

 「マジックメタル」とは、金属ブロックの表面から文字が浮き上がったり、消えたりするように見える不思議な製品。手掛けるのは、金属加工で有名な新潟県・燕三条地区で、金属製品用プレス金型の設計/製作などを行う武田金型製作所(創業1978年)だ。ワイヤ放電加工により、3μmの精度で金属ブロックから浮き出る文字部分と台座部分をそれぞれ切り出すことで実現。浮き出した文字を完全に押し込むと、肉眼では“きれいな面”のように見えるため、文字が消えたように感じる。

 マジックメタルは、当初、武田金型製作所が自社技術をPRするため、展示会向けに製作したもの。その後、浮かび上がった文字が消える様子をYouTubeに投稿したところ、SNSなどで拡散され大きな話題を呼んだことで知られている。

まずは全5種で展開、オーダーメイドにも対応

 銀座 蔦屋書店は開店以来、アートと日本文化を提案する書店として、日本の伝統的な技術、革新的なモノづくりを行う職人を応援してきたという。今回、武田金型製作所と共同で、日本語として美しい「美」や、コミュニケーションツールとして使える「いいね!」マーク、「ON」など、全5種のマジックメタルキューブを店頭およびオンラインストア限定で発売する(今後、種類を増やす予定)。素材は合金工具鋼で、販売価格(税別)は6万円からとなる。

インテリアやペーパーウエイトとして利用できるという インテリアやペーパーウエイトとして利用できるという ※出典:銀座 蔦屋書店 [クリックで拡大]

 また、好きな文字でオリジナルのマジックメタルキューブを製作するオーダーメイドにも対応するとしている。

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.