製造業×品質、転換期を迎えるモノづくりの在り方 特集
ニュース
» 2020年10月15日 06時30分 公開

製造マネジメントニュース:シートベルトストラップの試験データに問題、「対象製品の不具合は確認されず」

ジョイソン・セイフティ・システムズ(JSS)は2020年10月14日、シートベルトのストラップ(ウェビング)の試験データが改ざんされていたとする報道に謝罪コメントを発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ジョイソン・セイフティ・システムズ(JSS)は2020年10月14日、シートベルトのストラップ(ウェビング)の試験データが改ざんされていたとする報道に謝罪コメントを発表した。

 同社は経営破綻したタカタの事業を2018年4月に引き継いでおり、ウェビングを生産する彦根製造所(滋賀県彦根市)もタカタから承継した。問題はタカタから事業承継する前から発生していたという。

 国土交通省や、ウェビングを納入した可能性のある自動車メーカーには通達済みだ。調査対象期間となる過去20年間の試験や製品ごとについて、現在入手できるデータを収集し、“試験データの報告の誤り”に関する調査を進めている。調査対象期間において、「対象製品の不具合は確認されていない」(ジョイソン・セイフティ・システムズ)としている。

調査結果の報告が待たれる(クリックして拡大) 出典:JSS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.