デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2020年10月16日 13時00分 公開

CAEニュース:クラウド版CAE環境の基盤に「Microsoft Azure」を採用

サイバネットシステムは、CAEソフトウェアによるシミュレーションを高速実行するためのクラウドコンピューティング環境「サイバネットCAEクラウド」の基盤として「Microsoft Azure」を採用し、稼働に向けた開発を開始した。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2020年9月30日、クラウドコンピューティング環境「サイバネットCAEクラウド」の基盤として、日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」を採用したと発表した。Microsoft Azure上での稼働に向けて開発を開始し、同年12月の完成を目指す。

クラウドでも快適なCAE環境を提供する「サイバネットCAEクラウド」

 サイバネットCAEクラウドは、CAEソフトウェアによるシミュレーションを高速実行するための設計、解析技術者向けクラウド版CAE環境となる。直感的な操作が可能なGUI、CAEとクラウドを熟知した技術者による一貫したサポートなどを提案する。専門知識を必要とせず、クラウド環境でも快適な操作環境を提供し、遠隔地のメンバーとも同じ操作画面を閲覧、共有できる。

 今回、その基盤として、新たにMicrosoft Azureを採用。流体解析や電磁界解析など大規模計算を必要とするユーザーのニーズに合わせ、より柔軟にクラウド環境を提供できるようになる。

「サイバネットCAEクラウド」のアーキテクチャ 「サイバネットCAEクラウド」のアーキテクチャ(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

 クラスタ管理ツール「Azure CycleCloud」を活用したCAEクラウドには、テンプレートを用意している。そのため、環境を一から構築する必要がなく、導入後すぐに並列計算を実行できる。

 また、多様な仮想マシンにより、解析内容に最適なCPUコア数とメモリ搭載量の組み合わせを柔軟に選択できる。クラスタのノード間には、高速通信に対応する「InfiniBand」を利用できる。データ通信による遅延が少ないため、計算時間の短縮も見込める。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.