ニュース
» 2020年10月19日 07時00分 公開

FAニュース:安川電機がACサーボモーター累積出荷台数2000万台を2020年8月に達成

安川電機は、ACサーボモーターの累積出荷台数が2020年8月に2000万台を達成したと発表した。累積出荷台数は2012年に1000万台を達成しており、2013年より主力機種の「Σ−7」シリーズを販売している。

[MONOist]

 安川電機は2020年9月17日、ACサーボモーターの累積出荷台数が同年8月に2000万台を達成したと発表した。

 同社は、1958年に世界で初めて原型となる「ミナーシャモータ」(直流サーボモーター)を発売し、1983年にACサーボモーターをシリーズ化。1992年10月には新シリーズ「Σ-」シリーズを発表した。

 ACサーボモーターの累積出荷台数は、2012年2月に1000万台を達成。2013年11月には、「Σ-7」シリーズの販売を開始した。Σ-7シリーズは、サーボ性能と安全性を向上し、環境に配慮したコンポーネントからシステムによる付加価値の向上を目指しており、現在の主力機種となっている。

キャプション ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズ 出典:安川電機
キャプション 累計出荷台数(クリックで拡大) 出典:安川電機

 現在は、デジタルデータのマネジメントのために装置内のさまざまなデータを検出し、リアルタイムな制御に役立てる機能を充実させており、さらにこの機能の強化、進化を図る。

 今後は、省エネが求められる装置や移動体装置、介護、医療などのニーズに応えられる製品群をラインアップする予定だ。さらに、アメリカ、中国、ヨーロッパ、日本に開発、生産拠点を設置。販売拠点を各地に設けてサービス体制を強化し、市場の多様なニーズに対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.