ニュース
» 2020年10月19日 09時00分 公開

製造ITニュース:国内IoTセキュリティ市場最新予測発表、2021年はマイナス成長に

IDC Japanは、国内IoTセキュリティ市場の2019年の実績と2020〜2024年の予測データを公開した。2019年の同市場規模は836億5900万円で、2020年には市場成長率が前年比マイナス5.4%に落ち込むと予測する。

[MONOist]

 IDC Japanは2020年10月8日、国内IoT(モノのインターネット)セキュリティ市場の2019年の実績と、2020〜2024年の予測データを公開した。

キャプション 国内IoTセキュリティ製品市場予測:2019〜2024年(クリックで拡大) 出典:IDC Japan

 同社によると、2019年の同市場規模(実績)は、836億5900万円。2020年の市場成長率は、2019年の14.7%からマイナス5.4%に落ち込むと予測している。また、2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR)は3.6%となり、2024年には997億4000万円になると予測している。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年前半にIoTシステム市場が大きく落ち込むことが予測され、IoTセキュリティ製品も同様の影響を受けると見ている。

 しかし、2021年には、延期となった東京2020オリンピック、パラリンピックの開催や政府の景気刺激策に下支えされて経済成長率がプラスに転じ、同年以降は国内経済状況が徐々に回復。国内IoTセキュリティ製品市場の前年比成長率も2021年には3.9%、さらに2022年は7.8%と回復していくと予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.