ニュース
» 2020年10月21日 09時00分 公開

製造ITニュース:現場作業支援ソリューションに収集データを活用するオプションなどを追加

NECソリューションイノベータは、現場作業を支援する「NEC 現場作業支援ソリューション」のオプションとして、「データ活用オプション」「帳票出力オプション」を提供開始した。

[MONOist]

 NECソリューションイノベータは2020年10月8日、現場作業を支援する「NEC 現場作業支援ソリューション」のオプションとして、「データ活用オプション」「帳票出力オプション」を提供開始した。

 NEC 現場作業支援ソリューションは、音声認識による作業実績のハンズフリー入力や合成音声による作業指示により、現場作業の精度および効率の向上を支援する。

 今回提供開始するオプションのうち、データ活用オプションは、同ソリューションで収集した現場作業データの分析環境を容易に構築可能にする。ウイングアーク1stのダッシュボード「MotionBoard」と連携して、分析環境を構築する。作業状況のリアルタイム表示や作業効率、障害傾向分析など向けの画面サンプルも提供する。

キャプション 作業状況リアルタイムの画面イメージ(クリックで拡大) 出典:NECソリューションイノベータ
キャプション 作業結果分析の画面イメージ(クリックで拡大) 出典:NECソリューションイノベータ

 帳票出力オプションは、同ソリューションで収集した作業結果情報を、デジタル化した作業報告書に自動反映できる。これにより、記入ミス防止や帳票作成工数削減などの効果が見込める。また、作業結果をMicrosoft Excelへ自動出力する画面サンプルも提供する。

キャプション 帳票出力の画面イメージ(クリックで拡大) 出典:NECソリューションイノベータ

 価格は、データ活用オプションが185万円(5ユーザー)、帳票出力オプションが300万円(いずれも税別)。帳票出力オプションを利用するためには、データ活用オプションが必要になる。1年間で20社への導入を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.