特集
» 2020年10月22日 13時00分 公開

オートデスク基金、中高生ロボコンチームのフェイスシールド製作に寄付金を贈呈メカ設計ニュース(2/2 ページ)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

いち早くフェイスシールド製作に着手した「SAKURA Tempesta」

 今回、Autodesk Foundationから寄付金(2万5000米ドル:約260万円)を贈呈されることになったSAKURA Tempestaは、千葉工業大学 津田沼キャンパスを拠点に、「ロボット製作」「チーム運営」「アウトリーチ活動」という3つの活動に取り組んでいる、中高生を中心としたロボコンチームだ。

Autodesk Foundationから寄付金(2万5000米ドル)を贈呈されることになったSAKURA Tempesta Autodesk Foundationから寄付金(2万5000米ドル)を贈呈されることになったSAKURA Tempesta ※出典:オートデスク [クリックで拡大]

 寄付金の贈呈に至った背景について、織田氏は「オートデスクが支援してきた学生団体の1つであるSAKURA Tempestaは、今回のコロナ禍において、いち早くFusion 360を用いて感染対策用フェイスシールドを作成し、医療機関などに寄付を行うという支援活動に取り組んだ。この活動を高く評価し、Autodesk Foundationから寄付金を贈呈することになった」と説明する。

SAKURA Tempestaのメンバー/メンターと、オートデスクの関係者 SAKURA Tempestaのメンバー/メンターと、オートデスクの関係者 [クリックで拡大]

 フェイスシールド製作のきっかけは、外出自粛期間中、自宅に3Dプリンタを保有するSAKURA Tempestaのメンバーの1人(高校生の立崎乃衣さん)が、国際的な学生向けロボットコンテスト「FRC(FIRST Robotics Competition」の海外チームがフェイスシールドの製作に取り組んでいることを知り、2020年4月に個人で「Face Shield Japan」を立ち上げた。その後、Face Shield Japanの運営をSAKURA Tempestaと共同で行うようになり、同年8月からはSAKURA Tempestaの運営に完全に切り替えて支援活動を継続。2020年10月20日現在、累計1615個のフェイスシールドを製造し、医療機関など194施設に寄付を行った。

フェイスシールド製作活動の経緯について フェイスシールド製作活動の経緯について ※出典:SAKURA Tempesta [クリックで拡大]

 活動の中で、フェイスシールドの改良にも取り組んでいる。重量、製作時間、コストの見直しなどを図りつつ、使い勝手や装着感を大幅に向上。フレームの色のバリエーションを7色に増やしたり、大きさの異なる2種類のシールドに対応したり、拡大鏡を使用する医師のために額からシールドまでの距離を可変できるようにしたりするなど、アンケート結果や医療従事者の声を聞きながら、Fusion 360と3Dプリンタを用いて改良を行ったという。

フェイスシールド改良(1)フェイスシールド改良(2) フェイスシールドの改良について ※出典:SAKURA Tempesta [クリックで拡大]

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.