ニュース
» 2020年10月23日 08時00分 公開

ドローン:業務用ドローン向けの航空測量LiDARとフルサイズセンサーカメラを発表

DJIは、ドローン向けの航空測量ソリューション「DJI Zenmuse L1」とフルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」を発表した。ともに業務用ドローン用に設計されており、要求が厳しい測量やマッピング、建設分野での利用に適している。

[MONOist]

 DJIは2020年10月15日、ドローン向けの航空測量ソリューション「DJI Zenmuse L1」とフルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」を発表した。業務用ドローン「Matrice 300 RTK」向けに設計されており、要求が厳しい測量やマッピング、建設分野での利用に適している。

 DJI Zenmuse L1は、同社初の航空測量向けLiDAR(ライダー、Light Detection and Ranging)ソリューションだ。トゥルーカラー点群モデルをリアルタイムで生成したり、一度の飛行で最大2km2までの領域の点群データを取得したりできる。また、毎秒24万点の点率と190mの測定距離(反射率10%、100kルクス)で、品質の高いLiDARデータを高速かつ容易に取得できる。

キャプション 航空測量向けLiDARソリューション「DJI Zenmuse L1」(クリックで拡大) 出典:DJI

 保護等級「IP44」に準拠しており、雨や霧など天候が良くない状況でも作業可能で、林冠や枝葉の植生なども把握できるため、植生密度や成長傾向といった農業、林業分野において有用な情報を取得できる。さらに、石油やガス、鉱業、インフラ整備など危険性が高い環境にも対応する。

キャプション 「DJI Zenmuse L1」の使用イメージ(クリックで拡大) 出典:DJI

 DJI Zenmuse P1は、地理空間データ収集に特化されたドローン向けカメラ。45Mピクセルのフルサイズセンサーが用いられており、3軸ジンバルスタビライザー上で24、35、50mmの単焦点レンズを交換できる。

キャプション フルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」(クリックで拡大) 出典:DJI

 また、メカニカルシャッターを搭載した他、マイクロ秒単位でモジュール間の時間を同期できる「TimeSync 2.0」システムを採用。3Dモデリングに適したオブリーク撮影が可能なスマートオブリークキャプチャー機能も搭載する。位置、方向の即時補正技術と組み合わせることで、cmレベルの高精度データを取得可能なため、地質調査、自然環境遺産の保全、水力工学などでの測量作業の効率を向上する。

キャプション 「DJI Zenmuse P1」の使用イメージ(クリックで拡大) 出典:DJI

 両製品は2021年初頭の出荷が予定しており、同社の正規代理店で先行予約を受け付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.