ニュース
» 2020年10月26日 15時00分 公開

医療機器ニュース:AIによる診断支援アプリを搭載した内視鏡CADプラットフォームを発売

オリンパスは、大腸内視鏡用のAI診断支援アプリケーションを搭載した内視鏡CADプラットフォーム「ENDO-AID」を発売すると発表した。ポリープやがんなどの病変になり得る箇所を自動で検出し、内視鏡検査の品質向上に寄与する。

[MONOist]

 オリンパスは2020年10月9日、大腸内視鏡用のAI(人工知能)診断支援アプリケーションを搭載した内視鏡CADプラットフォーム「ENDO-AID(エンドエイド)」を発表した。同年11月初旬から、ヨーロッパとアジアの一部地域で発売する。なお、日本、アメリカ、その他の地域についても、発売の準備を進めている。

キャプション 「ENDO-AID」使用イメージ(クリックで拡大) 出典:オリンパス

 ENDO-AIDと、オリンパス製の内視鏡システム「EVIS X1」を組み合わせて使用することで、ポリープやがんなどの病変になり得る箇所を自動的に検出し、リアルタイムで表示するなど、内視鏡診断の質が向上する。

 また、今回発売するENDO-AIDには、大腸の病変検出を支援するアプリケーション「ENDO-AID CADe」を搭載。オリンパスは今後、大腸以外の消化器についても対応アプリケーションを開発していく。

 大腸内視鏡検査において、腺腫発見率の高さは、大腸がんの発生リスクの低減につながることが報告されている。ENDO-AID CADeで腺腫の発見率を高めることにより、大腸内視鏡検査の質や大腸がんの予防効果の向上が期待できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.