ニュース
» 2020年10月26日 07時00分 公開

FAニュース:使いやすさを追求した小規模ライン向けスマート駆動制御システム

住友重機械工業は、小規模ライン向けのスマート駆動制御システム「System MXs」を発表した。専用ツールやPCへの接続なしで、ユーザー自身がシステムをセットアップできる。機械定数や制御方式もタッチパネル操作で設定可能だ。

[MONOist]

 住友重機械工業は2020年10月1日、小規模ライン向けのスマート駆動制御システム「System MXs」を発表した。同年9月から販売している。

 System MXsには、16軸分のRoll to Roll搬送装置用制御ソフトがプリインストールされている。専用の調整ツールは不要で、PCに接続しなくても、ユーザー自身でシステムをセットアップできる。ロール径やギヤ比などの機械定数、制御方式もタッチパネルのHMIから設定可能だ。

 HMI上では5ミリ秒周期、60秒間のデータを収集し、収集したデータはcsv形式やbin形式で保存できる。スケールバーも搭載しており、指定した箇所でグラフ上の数値を確認できる。

キャプション 「System MXs」のHMI 出典:住友重機械工業
キャプション HMIによる高速データモニター画面 出典:住友重機械工業

 また、System MXsは、同社の現行機種「System MX II」とのサイズ比較で、縦、横ともに半分以下になっている(同じ軸数で1.0kW以下のサーボモーターを使用した場合)。そのため、制御盤の省スペース化に貢献する。

キャプション 機器構成イメージ 出典:住友重機械工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.