ニュース
» 2020年10月26日 08時00分 公開

製造マネジメントニュース:村田製作所がコロナ禍からV字回復、2020年度上期の利益が前年同期上回る

村田製作所は、2020年度(2021年3月期)上期の業績予想を上方修正すると発表した。売上高は当初予想比10.3%増の7510億円、営業利益は同35.1%増の1310億円、税引前純利益は同35.7%増の1330億円、純利益は同42.9%増の990億円を予測している。

[朴尚洙,MONOist]

 村田製作所は2020年10月23日、2020年度(2021年3月期)上期の業績予想を上方修正すると発表した。売上高は当初予想比10.3%増の7510億円、営業利益は同35.1%増の1310億円、税引前純利益は同35.7%増の1330億円、純利益は同42.9%増の990億円を予測している。

 同社が2020年7月31日に発表した第1四半期決算は、売上高が前年同期比8.6%減の3268億円、営業利益が同17.9%減の513億円となるなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により落ち込んでいた。2020年度の業績予想についても、期初に発表した売上高が前年度比6.8%減の1兆4300億円、営業利益が同17.1%減の2100億円といった厳しい見通しを変えていなかった。

村田製作所が2020年4月に発表した2020年度の業績予想 村田製作所が2020年4月に発表した2020年度の業績予想(クリックで拡大) 出典:村田製作所

 しかし第2四半期は、COVID-19による影響からの部品需要の回復が当初想定より早まっており業績予想も上方修正することとなった。用途別では、顧客による旺盛な部品取り込みを背景としたスマートフォン向けの需要が増加しており、リモートワークやオンライン教育を背景としたPC関連需要も拡大している。各国政府の景気刺激策による自動車向け需要の増加も見込まれているという。一方、製品別では、モジュールやコンデンサーを中心に全ての区分において売上高が当初の想定を上回る見込みだ。

今回発表した2020年度上期の業績予想修正 今回発表した2020年度上期の業績予想修正(クリックで拡大) 出典:村田製作所

 これに合わせて利益も伸びており、2020年度上期の売上高は前年同期の7609億円を下回るものの、利益については、営業利益、税引前純利益、純利益とも100億円ほど上回る見込みだ。

 なお、通期の業績予想については、現在集計を行っているとして変更していない。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.