ニュース
» 2020年10月27日 13時00分 公開

材料技術:世界のフッ素樹脂市場の年平均成長率は6.5%、2027年に117億米ドルになると予測

Report Oceanは、2019年の世界のフッ素樹脂市場は77億米ドルで、2027年までに117億米ドルに達するとの予測を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響による健康機器への需要の高まりが、今後のフッ素樹脂市場をけん引する。

[MONOist]

 Report Oceanは2020年10月13日、フッ素樹脂市場に関する調査報告「フルオロポリマー市場調査レポート」を発表した。2019年の世界のフッ素樹脂市場は77億米ドル(約8100億円)で、2027年までに117億米ドル(約1兆2300億円)に達すると予測。2020〜2027年の年平均成長率(CAGR)は6.5%になるという。

 高性能プラスチックのフッ素樹脂は、高い引張強度と優れた耐熱性を有し、高温や過酷な化学環境で広く使用されている。PTFE、FEP、PVDF、フッ素エラストマ、PVF、PFA、ETFEなどの種類があり、市場は最終用途産業により、輸送機器、電気および電子機器、建設、産業機器などに分類される。

 自動車や電気通信、航空宇宙、電気電子、化学処理などのアプリケーションで使用されており、産業用アプリケーションが市場最大のシェアを占めている。レポートでは、今後も産業用アプリケーションが主要セグメントであり続けると予想する。

 世界のフッ素樹脂市場は、電気電子用途の高絶縁材料、自動車や航空機の製造部品向けの炭素繊維強化ポリマーの需要増加により、成長が見られた。予測期間中には、建設や化学処理向けアプリケーション、航空宇宙向けアプリケーションが市場を押し上げると予測する。

 一方で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、自動車および航空宇宙産業での需要が減少し、2020年の市場は伸び悩んだ。今後も生産量の減少による連鎖的な影響から需要に影響を与えると考えられるが、医療グレードのフッ素樹脂への影響は比較的穏やかだ。COVID-19による検査やその他の健康機器に対する需要の高まりが、近い将来、世界のフッ素樹脂市場をけん引するとしている。

⇒ その他の「材料技術」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.