「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2020年10月27日 07時30分 公開

人工知能ニュース:横浜ゴムがAI利活用構想を発表、未踏領域の知見探索にも挑む

横浜ゴムは、デジタル革新のためのAI利活用構想「HAICoLab(ハイコラボ)」を策定したと発表した。HAICoLabでは、“人とAIとの協奏”によって、AIが苦手とするデータの存在しない領域(未踏領域)も含めた知見の探索を可能とし、プロセスや製品やサービスの革新を目指すという。

[朴尚洙,MONOist]

 横浜ゴムは2020年10月26日、デジタル革新のためのAI(人工知能)利活用構想「HAICoLab(ハイコラボ)」を策定したと発表した。HAICoLabでは、“人とAIとの協奏”によって、AIが苦手とするデータの存在しない領域(未踏領域)も含めた知見の探索を可能とし、プロセスや製品やサービスの革新を目指すという。

 HAICoLabは、Humans and AI collaborate for digital innovationを基にした造語で、人とAIとの共同研究所という意味合いが込められている。その特徴は、人間特有のひらめきや発想力とAIが得意とする膨大なデータ処理能力との協奏によって新たな発見を促しデジタル革新を目指すところにある。人が設定する仮説に沿って、IoT(モノのインターネット)などによる現実データやシミュレーションなどによる仮想データなどさまざまなデータを生成・収集し、AIにより予測、分析、探索することで、新たな知見の獲得が可能となる。

「HAICoLab」の概念図 「HAICoLab」の概念図(クリックで拡大) 出典:横浜ゴム

 仮説設定では、行動心理学や行動経済学を活用し、新しい発見の障壁となる思い込みなどのバイアスを意識的に排除する。さらに、得られた知見が記憶の断片となり、それらの結合により新しいアイデアの創出(ひらめき)が期待できるとする。このバイアス排除とひらめきによる仮説設定によって、未踏領域での知見の探索を目指す。そして、内閣府が提唱する新たな未来社会の姿「Society 5.0」の実現に貢献していくという。

 HAICoLabの具体的な目標は4つ挙げられている。1つ目は開発の効率化およびスピード向上の実現で、構造と材料の設計開発プロセスに活用する。2つ目は製品品質の安定の実現であり、生産プロセスの自動化や品質指標の安定化に活用していく。3つ目は、HAICoLabの構想ならではのひらめきやバイアス排除による、過去のデータから直接導き出せない新しい技術やソリューションの発見である。4つ目は、暗黙知や技術的なやりとりのデジタル化と共有化の実現になる。

 なお、横浜ゴムは、HAICoLabの策定に先駆けて、材料やタイヤの設計開発プロセスにおけるAIを利活用した技術開発を進めてきた。2017年には、マテリアルズインフォマティクスによるゴム材料開発技術、インフォマティクス技術を活用したタイヤ設計技術などを発表している。

⇒その他の「人工知能ニュース」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.