ニュース
» 2020年10月28日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:ソフトバンクと日本通運、物流事業者向け配車支援サービス提供開始

ソフトバンクと日本通運が共同設立した物流事業者向け配車支援サービスを提供する新会社「MeeTruck」が、トラック輸送を行う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスの提供を開始した。

[MONOist]

 ソフトバンクは2020年10月15日、日本通運と共同設立した新会社「MeeTruck」が、物流事業者向け配車支援サービスの提供を開始したと発表した。MeeTruckは、物流DX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するため、同年4月2日に設立された。

 今回、提供を開始するサービスは、トラック輸送を行う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスだ。受注した運送業務の案件登録、トラックの割り当て、勤務計画表の作成などがWebアプリケーション上で行え、データを一元管理できる。

 ソフトバンクの企業に対するDX支援で得た知見と、日本通運が長年培ったロジスティックに関する知見を生かすことで、運用しやすく操作性の良いサービスを低価格で提供できる。今後、利用者の要望に応える形でサービス改善を行い、受発注や実績管理の機能を拡充する予定だ。

キャプション トラック配車支援サービスの画面イメージ(クリックで拡大) 出典:ソフトバンク

 また、サービスの第2弾として、物流事業者と荷主企業をつなぐためのマッチングサービスの提供を2021年度中に予定している。貨物を探す物流事業者とトラックを探す荷主企業が、それぞれ条件に合う貨物やトラックを容易に見つけられるサービスだ。AI(人工知能)などを活用して、利用者のニーズや傾向に適したマッチングの実現を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.