ニュース
» 2020年11月04日 15時00分 公開

医療機器ニュース:高齢化社会における医療、介護リスクへの対応と課題解決に向け協業を開始

FRONTEOと日本マイクロソフトは、高齢化による医療、介護リスクへの対応と課題解決につながるソリューションの提供に向け、協業を開始した。第1弾として、認知症診断支援AIシステムを開発する。

[MONOist]

 FRONTEOは2020年10月21日、高齢化による医療、介護リスクへの対応と課題解決につながるソリューションの提供に向け、日本マイクロソフトと協業を開始すると発表した。協業の第1弾として、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上でFRONTEOの認知症診断支援AI(人工知能)システムを開発する。

 本システムは、専門的な会話や問診ではなく、自然な会話を通して認知症の診断をサポートすることで、潜在的な認知症患者の早期発見を支援する。言語系AI医療機器としての薬事承認の取得も目指している。

 また、認知症診断支援AIシステムに引き続き、FRONTEOが提供するその他のライフサイエンスAIプロダクト、論文検索AI「Amanogawa」、創薬支援AI「Cascade Eye」についても、Microsoft Azure上での提供を検討している。日本マイクロソフトは、Azureを導入する国内の医療機関や製薬企業に対し、FRONTEOと協力してこれらのシステムの導入を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.