特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2020年11月05日 13時00分 公開

狙われるIoT/OTデバイス、約5割がIoTデバイスのサイバー攻撃を経験産業制御システムのセキュリティ(2/2 ページ)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

「可視化ができていない」が7割

 また、IoT/OTデバイスにおけるセキュリティ面での難しさについては「デバイスの数や種類が多い」が35.2%、「ITネットワークとつながっている」が30.0%、「デバイスに対策を導入できない」が19.3%、「バッチ管理が難しい」が18.9%、「デバイスを止めることができない」が17.0%となった。

 これらに加えてパロアルトネットワークスで課題視するのが「可視化ができていない」という点だ。IoT/OTデバイスの「可視化ができている」とした回答者は27.0%だった。「一部のみ可視化できている」が54.8%、「できていない」が8.1%で7割以上ができていない状況である。「ネットワーク接続が増加する中で、IoTデバイスやOTデバイスの可視化にまず取り組むべきだ」と染谷氏は語っている。

photo IoT/OTデバイスに関するセキュリティ面での難しさ(クリックで拡大)出典:パロアルトネットワークス

IoT/OTデバイスのセキュリティに必要な考え方

 こうした中でパロアルトネットワークスでは「IoTセキュリティライフサイクル」の考え方を訴える。これは「IoT資産の把握」「IoTリスクの評価」「リスク削減ポリシーの適用」「既知の脅威の阻止」「未知の脅威の検知と対応」の5つのサイクルを回していくという考え方だ。「パロアルトネットワークスではこれらのライフサイクルに合わせたセキュリティ支援を進めている。機械学習によるIT/OTデバイスの識別・分類や、継続的なリスク分析、次世代ファイアウォールなどのポリシー適用などそれぞれのフェーズでのソリューションを用意している」と染谷氏は述べている。

photo パロアルトネットワークスによるIoTセキュリティ(クリックで拡大)出典:パロアルトネットワークス

≫「産業制御システムのセキュリティ」のバックナンバー

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.