ニュース
» 2020年11月06日 07時00分 公開

工場ニュース:自動化とデジタル化のモデル工場新設、ドイツでマシニングセンタ生産開始

DMG森精機は、ドイツのフロンテン工場に新設した「monoBLOCK エクセレンスファクトリー」の稼働を開始した。自動化、デジタル化を取り入れ、5軸制御マシニングセンタ「monoBLOCK」シリーズの生産工程を革新した。

[MONOist]

 DMG森精機は2020年10月19日、ドイツ、バイエルン州のフロンテン工場に新設した「monoBLOCK エクセレンスファクトリー」の稼働を開始したと発表した。広さ4000m2の新工場では、5軸制御マシニングセンタ「monoBLOCK」シリーズなどを生産する。

キャプション 新工場の外観 出典:DMG森精機

 自動化とデジタル化のモデル工場となる新工場には、AGV(無人搬送車)によるライン生産を導入。分速45m/分で次のステーションへ機械を自動で移動でき、リモートコントロールの操縦にも対応する。

キャプション AGVによるライン生産 出典:DMG森精機

 monoBLOCKシリーズのライン生産では、組み立てから基本精度、カバー取り付け、品質検査まで全34工程を実施する。AGVによるライン生産の導入により、1台あたりの生産リードタイムが10日から7日に短縮。生産性を30%向上したことで、年間生産能力は従来の600台から1000台に拡大した。

 また、アプリケーション作成プラットフォーム「TULIP(チューリップ)」の導入により、生産のデジタル化を促進。プログラミングの専門知識は不要で、現場作業者が素早くかつ直感的に、作業手順書や検査、品質管理、機器モニタリングなど独自のアプリケーションを作成できる。加工機や計測機器、既存システムなどとも連携可能だ。

 作業指示は、図面や写真、動画を用いて行われ、組み立てや品質管理などの複雑な工程を効率化して人的ミスを排除する。さらに、作業実績や機器の稼働状況などバリューチェーン全体の情報をリアルタイムに可視化することで、断続的な工程改善に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.