ニュース
» 2020年11月06日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:徹底した小型設計と低価格化を実現したミマキのフルカラー3Dプリンタ

ミマキエンジニアリングは、1000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタのエントリーモデル「3DUJ-2207」を発表した。販売予定価格(税別)は348万円で、2021年1月から全世界で販売を予定する。

[八木沢篤,MONOist]

 ミマキエンジニアリングは2020年11月5日、1000万色以上のフルカラー造形を実現するUV(紫外線)硬化インクジェット方式3Dプリンタのエントリーモデル「3DUJ-2207」を発表した。

UV硬化インクジェット方式3Dプリンタのエントリーモデル「3DUJ-2207」 UV硬化インクジェット方式3Dプリンタのエントリーモデル「3DUJ-2207」 ※出典:ミマキエンジニアリング [クリックで拡大]

 3DUJ-2207は徹底した小型設計により、上位機種である「3DUJ-553」と比べて約5分の1の価格を実現する。本体サイズは1355×1290×856mmで、重量は140kg。本体を分解することなくエレベーターを使用して運搬でき、省スペースに設置可能。また、静音設計かつ脱臭機(オプション)を備えており、オフィス環境への設置にも最適だという。

 販売予定価格(税別)は348万円で、2021年1月から全世界で販売を予定する。

高精細なフルカラー3Dプリンタの導入を諦めていた顧客層へ

 3DUJ-2207をはじめとする同社の3Dプリンタは、2Dの高画質産業用インクジェットプリンタ開発で長年培ってきた技術(独自の波形コントロール技術と高精度なインク吐出技術)を生かし、1000万色以上のフルカラー造形を実現する。一般的な石こう方式の造形と比べて約2倍の高精細な色表現を可能とし、複雑な形状に対しても色彩豊かなフルカラー造形が行える。

「3DUJ-2207」の造形サンプル(左)と、一般的な石こう方式による造形サンプル(右)との比較 「3DUJ-2207」の造形サンプル(左)と、一般的な石こう方式による造形サンプル(右)との比較 ※出典:ミマキエンジニアリング [クリックで拡大]
フルカラーインク×クリアインクによる造形サンプル フルカラーインク×クリアインクによる造形サンプル ※出典:ミマキエンジニアリング [クリックで拡大]

 小型設計によって、3DUJ-2207の造形エリアは上位機種(3DUJ-553[508×508×305mm])よりも縮小し、203×203×76mmとなっているが、使用可能な色数および造形精度については上位機種と同等だとする。

 同社は、3DUJ-2207をUV硬化インクジェット方式3Dプリンタのエントリーモデルに位置付けており、小型化、低価格化を実現したことで、これまで高精細なフルカラー3Dプリンタの導入を諦めていた顧客層にリーチしたい考えだ。具体的には、メーカーを中心に教育、建築、医療、デザインオフィスなどでの試作品や模型の製作用途に加え、小サイズ/小ロット造形が求められるフィギュアや各種グッズなどの最終製品の製造用途で需要開拓を進めていくとしている。

高精度な造形が可能 高精度な造形が可能 ※出典:ミマキエンジニアリング [クリックで拡大]

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.