ニュース
» 2020年11月11日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:ボーイングがストラタシスの3Dプリンタ材料を認証、航空機部品への使用が可能に

Stratasysは、Boeingが同社の3Dプリンタ材料「Antero 800NA」を、航空機部品向け材料として認証したことを発表した。これにより、Antero 800NAのボーイング航空機部品への使用が可能となる。

[八木沢篤,MONOist]

 Stratasys(ストラタシス)は2020年11月10日、Boeing(ボーイング)が同社の3Dプリンタ材料「Antero 800NA」を、航空機部品向け材料として認証したことを発表した。この認証により、高い耐熱性などを備えるAntero 800NAのボーイング航空機部品への使用が可能となる。

ボーイングの航空機部品向け材料として認証

 Antero 800NAは、熱可塑性樹脂であるPEKK(ポリエーテルケトンケトン)をベースとするポリマーで、高強度、高耐熱性、靭性、耐摩耗性といった機械特性に優れる他、耐薬品性、超低ガス放出特性を備え、航空宇宙用途に最適な材料として位置付けられている。現在、ストラタシスの産業グレードFDM方式3Dプリンタ「F900」および「Fortus 450mc」ユーザー向けに提供する他、同社造形サービスの材料オプションとして展開している。

産業グレードのFDM方式3Dプリンタ向けに展開している「Antero 800NA」で造形したサンプル 産業グレードのFDM方式3Dプリンタ向けに展開している「Antero 800NA」で造形したサンプル ※出典:ストラタシス [クリックで拡大]

 ボーイングは、Antero 800NAの材料性能に関する広範な評価を実施した後、BMS8-444仕様をリリースし、同材料を認証製品リスト(QPL:Qualified Products List)に追加した。ストラタシスの材料が、高い耐薬品性や疲労要件が求められるボーイングの航空機部品向け材料として認証されたのは初めてだという。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.