ニュース
» 2020年11月13日 13時00分 公開

3Dスキャナーニュース:高精度な3D計測が可能な新ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を発表

ZOZOは、より精緻な3D計測が可能になった、新ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を発表した。また、ZOZOSUIT 2と足を高精度に3D計測する「ZOZOMAT」の技術を活用した新サービスを創出するため、パートナー企業の募集を開始した。

[MONOist]

 ZOZOは2020年10月29日、より精緻な3D計測が可能になった、新ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を発表した。同時に、ZOZOSUIT 2と足を高精度に3D計測できる「ZOZOMAT」の計測技術を活用した新たなサービスを創出するため、パートナー企業の募集を開始した。

 ZOZOSUIT 2は、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(旧ZOZOSUIT)」の手軽な計測方法を継承しつつ、アルゴリズムを大幅に改善したことで、より精緻な身体3Dモデルを生成する。

採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」 採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」(クリックで拡大) 出典:ZOZO

ドットマーカー数を50倍に、スマホで高精度な身体3Dモデルを生成

 より正確な身体3Dモデルを生成するには、3Dレーザースキャナーなどを使用するのが一般的となっている。ZOZOSUIT 2は、旧ZOZOSUIT同様に、スマートフォンのカメラを活用。その3D計測結果は、3Dレーザースキャナーと比較して平均誤差3.7mmという精度の高さを誇る。

 また、旧ZOZOSUITでは約400個だったドットマーカーの数を、ZOZOSUIT 2は約50倍の平均2万個に増加した。これにより、マーカーの計測解像度も約50倍になり、スマートフォンのカメラで読み取れる情報量が増え、曲部を含めてより詳細な体型情報を取得可能になった。

旧「ZOZOSUIT」(左)と「ZOZOSUIT 2」のマーカー数比較 旧「ZOZOSUIT」(左)と「ZOZOSUIT 2」のマーカー数比較(クリックで拡大) 出典:ZOZO

 マーカーのデザインも変更した。旧ZOZOSUITは2mmのドットを認識対象としていたが、ZOZOSUIT 2では6mmのマーカーに変更している。認識性が向上したことで、より多くのマーカー情報をスマートフォンのカメラで捉えられる。

マーカーのデザイン変更 マーカーのデザイン変更(クリックで拡大) 出典:ZOZO

 さらに、撮影中の動きを補正したり、輪郭情報を使って3Dデータを最終的に補正したりする技術を取り入れることで、身体3Dモデルを生成するアルゴリズムを大幅に改善。その結果、より精緻な3Dモデルを生成できるようになった。

アルゴリズムを大幅に改善し、より精緻な3Dモデル生成が可能に アルゴリズムを大幅に改善し、より精緻な3Dモデル生成が可能に(クリックで拡大) 出典:ZOZO

 ZOZOSUIT 2は今後、より高精度な計測データを必要とするスポーツウェアやアンダーウェアなどの開発に加え、フィットネスやヘルスケア、ゲーム、エンターテインメントなどファッション以外の分野での活用についても検討していく。

 一方、ZOZOMATは、スマートフォンを用いて、容易に足の3Dサイズ計測ができる技術だ。ZOZOMATと3Dレーザースキャナーとの3D計測結果の平均誤差は1.4mmと高精度で、ZOZOMATでの計測結果は、ZOZOTOWNで展開する靴の専門モール「ZOZOSHOES」でのサイズ推奨に活用されている。

 同社は今回、ZOZOSUIT 2、ZOZOMATの技術を活用するため、パートナー企業の募集を開始した。同社の計測技術とパートナー企業の技術、ノウハウを組み合わせることで、新サービスの創出につなげていくとしている。

⇒ その他の「3Dスキャナー」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.