ニュース
» 2020年11月13日 09時00分 公開

製造ITニュース:製造業向けのAI活用プロジェクト推進サービス、PoCでの検証項目を明確化

スカイディスクは、製造業向けのAI活用プロジェクトの推進を2日間の短期間で支援する「製造業向けAI活用プロジェクト設計サービス」を発表した。PoCでの検証項目を明確にする。

[MONOist]

 スカイディスクは2020年10月28日、製造業向けのAI(人工知能)活用プロジェクトの推進を2日間の短期間で支援する「製造業向けAI活用プロジェクト設計サービス」を正式リリースしたと発表した。

 同サービスは、2日間で、AI活用プロジェクトについてPoC(実証実験)に向けた要件を整理し、解決すべき業務課題の優先付けや、目指すべき実装イメージの設定、その妥当性を見極めるためのPoCでの検証項目を明確にする。

 例として、AIリテラシー講義、クライアントの課題に応じた技術講義、プロジェクト設計のためのワークショップ、データ解析結果の報告レポート、ネクストアクションの決定などを行う。

 個別カスタマイズした技術的講義やワークショップによって、課題解決に必要な技術レベルや予算、期間などの実現性を検討。AI活用のために必要なことの明確化を目指し、条件がそろっていれば、その後の実際のデータ解析までをサポートする。

 価格は200万円(税別)。同年12月末の申し込み分まで、通常価格の半額となる100万円(税別)でサービスを提供する。成果物は、技術的講義資料、データ解析レポート、マイルストーン設計書などとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.