ニュース
» 2020年11月18日 08時00分 公開

製造業IoT:5G SA対応のeSIM開発と動作検証が完了、フルMVNOとローカル5Gの導入を促進

インターネットイニシアティブは、「5G SA方式」に対応したeSIMの開発と動作検証の完了を発表した。5Gコアネットワークを用いたフルMVNOやローカル5Gにおいて、5G SA方式の接続サービスの提供に必要な要素技術を確立した。

[MONOist]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年11月2日、「5G SA(スタンドアロン)方式」に対応したeSIMの開発と動作検証の完了を発表した。

 現在、キャリアの5Gサービスは、4Gのコアネットワーク基盤に5Gの基地局を追加した「NSA(ノンスタンドアロン)」方式で運用している。この方式では、5G基地局と4G基地局の2つが必要になることから、設備投資がかかり、企業や自治体がローカル5Gを構築する妨げにもなっている。

 そのため、5G基地局のみで運用できる5G SAが注目されている。次世代コアの5G NGCと組み合わせることで、高速通信だけでなく、低遅延、多数同時接続といった性能面の向上も期待できる。

キャプション 5G SA方式対応のeSIMを使った動作検証(クリックで拡大) 出典:IIJ

 IIJは、GSMA標準のeSIMに、3GPPの仕様に準拠した5G SA対応eUICCプロファイルを搭載。市販の5G SA対応スマートフォンにeSIMをダウンロードし、試験用の5G SA基地局、5G SAコアネットワーク間の相互運用性を確認した。なお、eSIMには、加入者識別情報(SUPI)を暗号化したSUCI(Subscription Concealed Identifier)を導入し、セキュリティの強化も図っている。

 今後IIJでは、5GフルMVNOにおけるサービスやローカル5GにおけるIoT(モノのインターネット)、M2Mでの利用を想定し、製造現場や流通倉庫、医療現場などへのローカル5G導入を支援する。また、プラスチックカード型SIMの5G SA対応も進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.