ニュース
» 2020年11月19日 07時00分 公開

FAニュース:プレスブレーキに金型自動交換装置を搭載し、金型交換作業を効率化

村田機械は、デュアルドライブプレスブレーキに新開発の金型自動交換装置を搭載した、金型自動交換装置プレスブレーキシステムを発売する。金型を最大32m分収納可能で、金型交換作業の負担軽減、効率化に貢献する。

[MONOist]

 村田機械は2020年10月27日、デュアルドライブプレスブレーキ「BH13530」に新開発の金型自動交換装置「AUTOMATIC TOOL TOWER TT32」を搭載した、金型自動交換装置プレスブレーキシステムを発表した。同年11月から販売を開始する。

 AUTOMATIC TOOL TOWER TT32は、上型3ラック(4カセット/ラック)、下型4ラック(5カセット/ラック)を備えており、最大32m分の金型を収納できる。重い金型の交換作業は作業員の負担が大きく、熟練したスキルを必要とするが、交換作業が自動化することにより、現場作業が効率化し、生産性も向上する。

キャプション 「AUTOMATIC TOOL TOWER TT32」搭載の金型自動交換装置プレスブレーキシステム(クリックで拡大) 出典:村田機械

 また、同社の作業者支援システム「Videre(ウィデーレ)」を搭載。Videreにより、金型交換および曲げのシミュレーションをはじめ、曲げ加工に必要なさまざまな情報を可視化できるため、経験の少ない作業者でも効率的に加工できる。

 その他、独自開発のアルゴリズムにより、スライド&グラビングのコンビネーション搬送に対応。プログラム作成装置「CAMPATH Bend」で金型交換の最適な段取りを確認し、スケジュール運転などに活用できる。また、ATCプログラムはダイレクトモードでも作成できる。

 金型自動交換装置プレスブレーキシステムの母体となるBH13530には、ACサーボモーターとボールねじ駆動によるラムの高速上下動作と、油圧による加圧動作を分けて制御するデュアルドライブシステムが採用されている。これにより、200mm/秒の高速動作と高い繰り返し停止精度を発揮する。

 BH13530のほか、「BH18530」「BH18540」「BH25030」「BH25040」がAUTOMATIC TOOL TOWER TT32の適応機種となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.