ニュース
» 2020年11月20日 09時00分 公開

製造ITニュース:設備の遠隔監視などを可能にする、工場やプラント向けIoTサービス

東芝デジタルソリューションズは、アセット統合データ基盤を搭載した「工場・プラント向けアセットIoTクラウドサービス Meister OperateX」を発売した。設備の稼働データをリモートで収集し、遠隔からの状態監視や作業支援に対応する。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2020年10月30日、新たに開発したアセット統合データ基盤を搭載した「工場・プラント向けアセットIoTクラウドサービス Meister OperateX」を発売した。工場などの設備の稼働データをリモートで収集し、遠隔からの状態監視や作業支援に対応する。

キャプション アセット統合データ基盤のイメージ(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 Meister OperateXは、設備や機器(アセット)を運転、管理するオペレーターを支援するサービス。設備の稼働データを遠隔から収集、活用することで、現場での記録作業を削減できる。

キャプション 遠隔監視のイメージ(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 また、遠隔監視や異常検知によりトラブル発生を防止し、設備の安定稼働を支援する。エネルギー供給量や利用実績、利用計画に対する供給の余力、トレンドを可視化、管理することで、生産状態に即してエネルギー供給を最適化する。

キャプション 設備傾向と異常検知(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ
キャプション 動力の需給最適化(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 同社は併せて、「設備・機器メーカー向けアセットIoTクラウドサービス Meister RemoteX」のリニューアル版も提供を開始。どちらもアセット統合データ基盤を搭載しており、シームレスに連携できる。これにより、設備メーカーと工場、プラントオーナーのシステム面を連携させ、設備メーカーのアフターサービス向けデータ活用基盤として利用できる。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.