ニュース
» 2020年11月20日 08時30分 公開

工場ニュース:アイリスオーヤマが医療用マスクと除菌ウェットティッシュの国内生産を開始へ

アイリスオーヤマは2020年11月19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期化に対応するために、医療機関で不足している「医療用N95マスク」と、品薄状態が続く「除菌ウェットティッシュ」を宮城県角田工場で生産することを決定した。

[MONOist]

 アイリスオーヤマは2020年11月19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期化に対応するために、医療機関で不足している「医療用N95マスク」と、品薄状態が続く「除菌ウェットティッシュ」を宮城県の角田工場で生産することを決定した。

 同社は中国の大連工場と蘇州工場の2拠点で家庭用不織布マスクの生産を行っていたが、COVID-19の拡大を受け、日本国内で月産2億3千万枚体制を構築している。また、マスク生産の重要資材である不織布についても国内生産を開始し内製率を高めている。

 一方で、冬に向けて感染拡大が懸念される中、「医療用N95マスク」は世界的に不足が続いている。また、「除菌ウェットティッシュ」をはじめとする除菌関連商品の品薄状態も続いている。

 こうした状況を受け同社は「医療用N95マスク」と「除菌ウェットティッシュ」を日本国内で生産することを決めた。さらに、マスクを中心とした新型コロナウイルスの感染症対策および生活必需品の備蓄倉庫として活用するため「つくば工場」の敷地内に第2倉庫を増設する。

 角田工場への追加投資は約10億円で、2021年秋の稼働予定とする。生産能力は、医療用N95マスクが月産1万枚、除菌ウェットティッシュが月産100万個となる。また、筑波工場第2倉庫については約25億円を投資し、2021年度中の完成予定としている。

photo アイリスオーヤマが新たに投資する宮城県の角田工場と茨城県のつくば工場 出典:アイリスオーヤマ

≫「工場ニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.