ニュース
» 2020年11月24日 13時00分 公開

「iPad Pro」「iPhone 12 Pro」向け3Dモデリング用地上画像取得アプリ3Dスキャナーニュース

Pix4Dは、「iPad Pro」「iPhone 12 Pro」向けの3Dモデリング用地上画像取得アプリ「Pix4Dcath」を発表した。取得した画像は自動的に「Pix4Dcloud」へアップロードされ、計測、共有、出力が可能な3Dモデルと点群を生成する。

[MONOist]

 Pix4Dは2020年11月10日、「iPad Pro」「iPhone 12 Pro」向けの3Dモデリング用地上画像取得アプリ「Pix4Dcath」を発表した。iOSモバイル端末で地上データを取得できるアプリで、App Storeから無料ダウンロードできる。

 iOSモバイル端末にアプリをインストール後、対象範囲をスキャンするだけで、GPSの位置情報と画像を記録できる。画像は自動的に「Pix4Dcloud」へアップロードされ、スケールやジオリファレンスされた3Dモデルと点群データを生成する。生成したデータは、計測、共有、出力が可能で、建設や点検、公安など、さまざまな分野で利用できる。

取得した画像は自動でアップロード、処理される 取得した画像は自動でアップロード、処理される(クリックで拡大) 出典:Pix4D

 アプリは近年のiOSデバイスとも互換性はあるが、LiDARセンサー搭載のiPad ProとiPhone 12 Pro、Pro Max向けに最適化している。スキャニング中に、リアルタイムの3Dメッシュで完了率のフィードバックをするライブフィードバック提供機能により、最適な結果を確保するワークフローが可能になる。

撮影画像は「Pix4Dmapper」でも処理できる 撮影画像は「Pix4Dmapper」でも処理できる(クリックで拡大) 出典:Pix4D
画像を取得しながらオーバーラップを確認 画像を取得しながらオーバーラップを確認(クリックで拡大) 出典:Pix4D

 消費者向けデバイスを使用し、正確な3Dモデルに変換するための適切な地上データを取得できるため、ビジネスの拡大や時間、コストの節約が期待できるとしている。

⇒ その他の「3Dスキャナー」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.