ニュース
» 2020年11月24日 08時00分 公開

ラズパイ4のスターターキットを発売、独自アルミケースなど込みで価格は9980円組み込み開発ニュース

アールエスコンポーネンツは、「Raspberry Pi 4スターターキット」の販売を開始した。シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 4」を活用するために必要となるハードウェアを1つにまとめている。

[MONOist]

 アールエスコンポーネンツは2020年11月6日、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 4」を活用するために必要となるハードウェアを1つにまとめた「Raspberry Pi 4スターターキット」を発売した。同社のWebサイトで販売しており、価格は9980円(税別)となる。

キャプション 4GBの「Raspberry Pi 4スターターキット」 出典:アールエスコンポーネンツ

 Raspberry Pi 4の本体に加え、USB-C電源アダプター、デュアルディスプレイ用マイクロHDMIケーブル2本、SDカードリーダー、32GB microSDカード、ヒートシンク3個、冷却ファンを内部に取り付けできる同社独自のアルミケース、ネジ、ゴム足、スクリュードライバを同梱している。

 Raspberry Pi 4は、前世代の「Raspberry Pi 3」と比較して、プロセッサの処理能力や4K映像再生などのマルチメディアに対応した性能、ワイヤレス機能などの通信機能が向上している。メモリ容量も、前世代の4倍となる4GBに増えている。

 動作環境温度は0〜50℃。2.4GHzおよび5GHzのIEEE 802.11acとBluetooth 5.0に対応するほか、USB 3.0やギガビットイーサーネットをサポートする。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.