ニュース
» 2020年11月24日 15時00分 公開

新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社を設立医療技術ニュース

ペプチドリーム、富士通、みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学の5社は、新型コロナウイルス感染症治療薬を最短で開発するため、共同出資会社「ペプチエイド」を設立した。

[MONOist]

 ペプチドリームは2020年11月12日、同社と富士通、みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学の5社が、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした共同出資会社「ペプチエイド」を設立すると発表した。

 新会社は、ペプチドリームのペプチド関連技術やノウハウと、富士通が持つ、組み合わせ最適化問題を高速で解く「デジタルアニーラ」技術や高性能コンピューティングなどを活用し、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を最短で進めることを目的としている。

 ペプチドリームでは、自社開発の創薬プラットフォームシステム「PDPS(Peptide Discovery Platform System)」を用いて、コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際に必要となる、スパイクタンパク質をターゲットとした治療薬の候補化合物を複数同定。これらの候補化合物を新会社に譲渡する。

 ペプチエイドは、同候補化合物について、前臨床試験からヒトでの有用性確認に必要な前期臨床試験まで、必要な試験を同時に進めることで開発期間を短縮するとしている。後期臨床試験からは製薬企業と連携するなどして、早期の実用化を目指す。

 新会社の資本金は5億9900万円。代表者はペプチドリーム取締役副社長の舛屋圭一氏が務める。出資比率はペプチドリーム25.0%、富士通25.0%、みずほキャピタル24.9%、竹中工務店16.7%、キシダ化学8.3%となっている(資本金、出資比率は2020年12月末予定)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.