ニュース
» 2020年11月25日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:システム検証環境を単純化する、手のひらサイズの小型CANフレーム送受信機

PALTEKは、小型CANフレーム送受信機「CAN CUBE」を発売した。CANネットワークの構築が容易で、ECUの統合テストやシステムテストのための環境構築時間を短縮できる。

[MONOist]

 PALTEKは2020年11月10日、小型CANフレーム送受信機「CAN CUBE」を発売したと発表した。CANネットワークの構築が容易で、ECU(電子制御ユニット)の統合テストやシステムテストのための環境構築時間を短縮できる。

キャプション 小型CANフレーム送受信機「CAN CUBE」(クリックで拡大) 出典:PALTEK

 サイズは75×50×30mm、重量は90gと小型、軽量で、PCを用いずにCANフレームを送受信できる。同製品を使って、CANフレームを送受信する複数の装置をシミュレーションすることで、検証環境を単純化する。これにより、CANネットワークで構成したECUやシステムの検証効率が向上し、検証時間を短縮できる。

キャプション システム構成図(クリックで拡大) 出典:PALTEK

 また、操作性に優れ、ボタン操作で容易にCANネットワークを構築できる。消費電力は最大1Wで、モバイルバッテリーでも駆動する。

 顧客の仕様に合わせたカスタマイズも可能だ。ECU製造時の出荷試験や異なる生産拠点での統一した評価環境構築など、さまざまな事例で活用できる。

キャプション ECU製造時出荷試験のイメージ 出典:PALTEK

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.