ニュース
» 2020年11月27日 12時00分 公開

製造機械でも広がるオープン化の波、水平分業による効果とはFAメルマガ 編集後記

新たなモノづくりの世界が産業機械でも進みそうです。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2020年11月27日発行の「FAメールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

製造機械でも広がるオープン化の波、水平分業による効果とは

 インダストリー4.0などスマート工場化の動きが広がる中で、工場の中で使用する産業機械にもITやデジタル技術を採用する動きが広がっています。その中でこうした産業機械のモノづくりにも徐々に変化しつつあると感じています。ちょうどこのメルマガ発行日である2020年11月27日まで開催中の「第30回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2020 Online)」では、こうした動きを象徴するようなユニークな取り組みが紹介され「時代が変わりつつあるなあ」と感じました。ドイツの産業制御機器メーカーであるベッコフオートメーションの取り組みです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.