ニュース
» 2020年12月02日 07時00分 公開

ITとOTの融合を簡素化するエッジゲートウェイ、構築済み分析モデルを活用可能FAニュース

Rockwell Automationは、ITとOTの融合を簡素化、加速する次世代エッジゲートウェイ「FactoryTalk Edge Gateway」を発表した。ITとOTを融合するだけでなく、OTデータの構築や維持、強化に必要な時間や労力を大幅に削減する。

[MONOist]

 Rockwell Automation(ロックウェル・オートメーション)は2020年10月27日(現地時間)、ITとOT(運用技術)の融合を簡素化、加速する次世代エッジゲートウェイ「FactoryTalk Edge Gateway」を発表した。

 FactoryTalk Edge Gatewayは、多様な産業用IoT(IIoT)用途に用いられているFactoryTalk Analyticsに追加されたエッジプラットフォーム製品。構築済みのデータ分析モデルや機械学習、カスタマイズされたアプリケーション、拡張性のあるコンピューティング要素を含んでいる。

 また、Microsoft AzureやFactoryTalk InnovationSuite, powered by PTCなどのエコシステムソリューション、さまざまなビッグデータ、IIoT、クラウドアプリケーションと統合するように設計されている。

 従来のゲートウェイソリューションでは、OTデータを集約し、プロセス条件やタイムスタンプなどの関連コンテキストをITデータと融合することは難しかった。FactoryTalk Edge Gatewayは、エッジでOTデータを強化しつつ、柔軟な共通情報モデルをITアプリケーションに提供する。

 基盤となる共通情報データモデルは、同社のFactoryTalk Smart Object機能によって調整され、オンプレミスあるいはクラウドアプリケーションに効率的にマッピングする。これにより、企業が予測的洞察を生成するのを支援する。

 データサイエンティストやアナリストは、FactoryTalk Edge Gatewayが備えるデータ管理機能を利用することで、データ分析の際の準備作業を最大70%削減できる。さらに、FactoryTalk Edge Gatewayの利用により、OTデータの構築や維持、強化に必要な時間や労力を大幅に削減できるため、企業は分析を事業運用の改善に役立てられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.