ニュース
» 2020年12月02日 09時00分 公開

製造ITニュース:IoTやスマート工場向け向けソリューション強化で提携、データサービス創出も

ウイングアーク1stは、東芝デジタルソリューションズと資本、業務において提携した。提携により、両社の人材や技術を交流させ、製造業向けソリューションの強化を図る。また、両社の知見、技術を活用して新たなデータサービスを創出する。

[MONOist]

 ウイングアーク1stは2020年11月17日、東芝デジタルソリューションズ(TDSL)と資本、業務において提携すると発表した。これによりTDSLは、ウイングアーク1stの発行済み株式総数の15%に相当する460万4700株を取得する。

 ウイングアーク1stは、データ活用の専門企業として、多くの企業の業務効率化や業績向上を長年支援してきた。また、東芝グループでは、多様な事業から生まれる各種データをビッグデータとして活用し新たな価値を創出するデータサービスを重要視しているが、TDSLはそのサービスの中核を担う。

 両社はこれまでにも、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」と、TDSLのものづくりIoT(モノのインターネット)ソリューション「Meister」シリーズを連携するなどしてきた。

 今回の提携では、両社の人材や技術を交流させることで、IoTやスマートファクトリーといった製造業向けソリューションをさらに強化する。また、両社がこれまで培ってきたノウハウやデータ分析に関する知見、技術を活用して、新たなデータサービスを開発する。

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.