ニュース
» 2020年12月03日 07時00分 公開

低回転機器の劣化検知が可能な回転機器劣化検知ソリューション提供FAニュース

YE DIGITALは、同社のIoTプラットフォーム「MMCloud」にて、AEセンサーを用いた回転機器の劣化検知ソリューションの提供を開始した。低回転機器の劣化を従来よりも早い段階で検知できるようになる。

[MONOist]

 YE DIGITALは2020年11月11日、AEセンサーを用いた回転機器の劣化検知ソリューションを同月より提供開始したと発表した。低回転機器の劣化を従来よりも早い段階で検知可能になる。ジャパンマシナリー製AEセンサーの他に、AE測定装置、ゲートウェイ、LTE回線、IoT(モノのインターネット)プラットフォーム「MMCloud」をパッケージにして提供する。

キャプション パッケージ内容(クリックで拡大) 出典:YE DIGITAL

 AE(Acoustic Emission)は、亀裂や摩耗などが生じた際に発生する弾性波を放出する現象のこと。AEセンサーは、周囲のノイズに影響されず、高精度にこれを検知する。

 このAEセンサーを用いることで、振動が発生しにくい1〜100rpmの低速回転機器の状況も可視化できる。劣化の初期現象であるAEを直接捉えることで、早い段階で低速回転機器の劣化を検知できるようになった。

回転機器における亀裂、摩耗状態と放出エネルギーの関係(ジャパンマシナリー提供)(クリックで拡大) 出典:YE DIGITAL

 また、IoTプラットフォームのMMCloudは、データ蓄積、可視化、分析、アラーム通知機能に加え、機器稼働監視、状況分析などのアプリケーションを搭載。開発や設定が不要で、すぐにシステムを稼働できる。

 風力発電やプレス機、射出成型など、回転する機構を含む設備、機器での利用を見込む。

≫「FAニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.