ニュース
» 2020年12月03日 09時00分 公開

エンドツーエンドの5Gネットワーク実証基盤を提供製造ITニュース

シスコシステムズは、エンドツーエンドの5Gネットワーク環境で実証実験ができる「5Gショーケース」を開設した。さまざまな業界の企業や顧客と5Gの積極的な活用方法を創造する場となる。

[MONOist]

 シスコシステムズは2020年11月12日、エンドツーエンドの5Gネットワーク環境で実証実験ができる「5Gショーケース」の運用を開始した。デジタル変革を推進するため、各業界の企業や顧客と5Gの積極的な活用方法を創造する場として、同社東京オフィス27階のCPOCラボ内に設置された。

 5Gショーケースでは、エンドツーエンドの5Gレファレンスアーキテクチャを提供する。これは、通信事業者の商用インフラをモデリングしたネットワークと企業システムを模したネットワークを接続したもので、同社やパートナー企業の技術が取り入れられている。

 エンドツーエンド環境下でのアプリケーション開発やテストができるなど、通信事業者と企業、公共機関などが協同でイノベーションを創造するためのオープンラボとしても機能する。同社エンジニアがPoC(概念実証)のサポートをするほか、同社が培った知見も提供するため、PoCに必要な時間や費用を削減できる。

 さらに、通信事業者やパートナー企業などと共に5Gを活用した革新的なユースケースを創出することで、企業のデジタルトランスフォーメーション加速を支援する。

キャプション 5Gショーケースの構成イメージ図(クリックで拡大) 出典:シスコシステムズ

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.