ニュース
» 2020年12月08日 09時00分 公開

IoT機器などを組み合わせてIoTサービスを構築できるプラットフォーム提供開始製造ITニュース

東芝デジタルソリューションズは、既存のIoT機器やサービスを組み合わせて容易にIoTサービスを構築できる、共創型IoTプラットフォーム「ifLinkプラットフォーム」の提供を開始した。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2020年11月24日、既存のIoT(モノのインターネット)機器やWebサービスを組み合わせて、容易にIoTサービスを構築できる共創型IoTプラットフォーム「ifLinkプラットフォーム」の提供を開始した。

 提供は、同社らが発起人として設立した「ifLinkオープンコミュニティ」会員企業に対してのみ。同コミュニティは100社以上の企業や学校、団体が参加し、ifLinkモジュールの開発やそれを活用したIoTサービスの試作および実証活動を行っている。

 同プラットフォームは、ユーザーが自分で機器やWebサービスを連携できるIoTプラットフォームで、IoTデバイスや、Webサービスの機能を「ifLinkモジュール」として部品化する。

 サービスを可能にするために、IF(条件)-THEN(アクション)型の設定を行い、ifLinkモジュールを自由に組み合わせた「ifLinkレシピ」を作成することで、自分で容易にIoTサービスを作れる。作成したレシピは、スマーフォンのifLinkアプリにダウンロードするだけで利用できる。

キャプション 「ifLinkプラットフォーム」の仕組み(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ
キャプション 「ifLinkプラットフォーム」の全体像(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

 今回は会員企業を対象に、試作、実証されたIoTサービスの商用化、サービス立ち上げフェーズから展開フェーズまで段階的にアップグレードしていける契約プランで提供する。今後、一般利用者向けにも提供していく予定だ。

キャプション 「ifLinkプラットフォーム」のサービス提供イメージ(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

≫「製造ITニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.