ニュース
» 2020年12月10日 08時00分 公開

海上自衛隊の水中機雷探知機向けに高周波合成開口ソナーを提供ロボット開発ニュース

タレスジャパンは、三菱重工業の自律型水中航走式機雷探知機向けに、高周波合成開口ソナー「SAMDIS」を提供する契約を締結した。タレスの技術と日本の低周波合成開口ソナーを組み合わせることで、水中の不審な埋没機雷を探知可能になる。

[MONOist]

 タレスジャパンは2020年11月24日、三菱重工業の自律型水中航走式機雷探知機向けに、HFSAS(高周波合成開口ソナー)「SAMDIS」を提供する契約を締結したと発表した。

 この契約により、三菱重工業が海上自衛隊に提供する自律型水中航走式機雷探知機「OZZ-5」に、SAMDISが搭載される。タレスのHFSASと日本のLFSAS(低周波合成開口ソナー)を組み合わせることで、水中の状況に関わらず不審な埋没機雷を探知できるようになる。

キャプション 自律型水中航走式機雷探知機「OZZ-5」 出典:三菱重工業

 また、SAMDISは自動探知および類別機能を備えており、収集したデータ処理によるオペレーターへの負荷を軽減する。

 今回の契約は、海上自衛隊に対する長期支援プログラムの第1段階として位置付けられ、タレスと三菱重工業が両社の技術を海外市場で展開する契機にもなり得る。

 タレスの対潜水艦戦および海上保安(保全)システムは、50以上の海上防衛で導入されている。タレスの協力のもと、三菱重工業は海上自衛隊への技術提供を通じて、日本の同盟国市場への参入を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.