ニュース
» 2020年12月11日 08時00分 公開

透明性と高コントラストを両立した透明有機ELディスプレイモジュール組み込み開発ニュース

パナソニックは、55V型の透明有機ELディスプレイモジュール2種を発表した。ディスプレイ部の厚さが1cm未満と薄く、モジュール内の各部材を真空で貼り合わせることで反射ロスを低減している。モジュール仕様なので、さまざまな場所に設置可能だ。

[MONOist]

 パナソニックは2020年11月20日、55V型の透明有機ELディスプレイモジュールを発表した。調光ユニットがある「TP-55ZT110」と調光ユニットなしの「TP-55ZT100」の2種となる。同年12月上旬から、まずは日本やアジア大洋州市場に向けて販売を開始。価格はオープンとなっている。

 どちらも自発光型の透明有機ELパネルを採用しており、バックライトが不要となった。ディスプレイ部の厚さは、TP-55ZT110が7.6mm、TP-55ZT100が3.8mmと1cm未満に抑えた。また、モジュール内の各部材を真空で貼り合わせることで、反射ロスを低減している。

キャプション 部材の貼り合わせ方法の比較 出典:パナソニック

 TP-55ZT110は、同社が独自に開発した調光ユニットをパネル背面に搭載し、透明モードと遮光モードを切り替えられる。遮光モードでは調光ユニットの透過率を低下させて、パネル後方からの光透過を抑制することで、明るい環境下でも背景が透過せず、コントラストの高い映像を表示できる。

キャプション 遮光モードと透明モード 出典:パナソニック

 両製品ともに、ディスプレイ部と電源ユニット部が分離したモジュール仕様となっており、住宅以外にも商業施設や交通施設、公共施設などさまざまな場所に設置できる。同製品を複数枚接合して(短辺方向は最大2枚まで)、大画面で表示することも可能だ。

キャプション 設置イメージ 出典:パナソニック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.