ニュース
» 2020年12月14日 06時00分 公開

ヒュンダイがボストンダイナミクスを買収、サービスから物流までロボット事業強化製造マネジメントニュース

Hyundai Motor(現代自動車)グループは2020年12月11日、ソフトバンクグループが保有するBoston Dynamics(ボストンダイナミクス)株式の約80%を取得すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]
ボストンダイナミクスの製品(クリックして拡大) 出典:現代自動車

 Hyundai Motor(現代自動車)グループは2020年12月11日、ソフトバンクグループが保有するBoston Dynamics(ボストンダイナミクス)株式の約80%を取得すると発表した。取引は2021年6月までに完了する予定だ。ボストンダイナミクスを傘下に収めることにより、現代自動車はスマートモビリティのソリューションプロバイダーとしての変革を進める。

 ボストンダイナミクスの時価総額については11億米ドル(約1142億円)としており、現代自動車による買収額は8.8億米ドル(約913億円)とみられる。ソフトバンクグループではボストンダイナミクスの株式20%を引き続き保有し、パートナーシップを継続するとしている。

 現代自動車と現代モービス、現代グロービス、現代自動車 会長のEuisun Chung氏が買収に参加した。現代自動車グループは、ボストンダイナミクスの戦略的パートナーとして生産能力や量産効果によるコスト低減を提供する。また、ボストンダイナミクスは現代自動車グループのグローバルな市場展開を生かして事業化の機会を拡大していく。

 現代自動車グループは、ロボット市場の成長性を見込み、物流自動化を実現する物流ロボットや、治安や安全などにも向けたサービスロボットへの投資を計画している。また、身体が不自由な人や高齢者に移動の自由を提供するロボットにも取り組んでいる。さらに、病院での看護や介護向けのヒューマノイドロボットへの進出も検討している。ボストンダイナミクスへの投資は、サービスロボットと物流ロボットの両方に向けた現代自動車のポートフォリオを強化するという。

 ボストンダイナミクスは2020年6月に商用ロボット「Spot」を発売。電力や建設、石油、ガス、鉱業などさまざまな業界に向けて販売した。2021年にはSpotの製品ラインアップを拡充し、自律性や遠隔検査機能を備えたロボットが加わる。また、ロボットアームの販売も予定している。

ボストンダイナミクスは現代自動車の量産ノウハウを活用して事業を拡大する(クリックして拡大) 出典:現代自動車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.