ニュース
» 2020年12月15日 14時00分 公開

デンソーがアラスのPLMプラットフォームを採用、業務への柔軟な適応性など評価製造IT導入事例

アラスは2020年12月9日、自動車部品メーカーのデンソーがPLMプラットフォーム「Aras Innovator」を採用したと発表した。自動車部品の設計開発データを適切に管理するための、技術部品表プラットフォームとして運用する。

[池谷翼,MONOist]

 アラスは2020年12月9日、同社の展開するPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)プラットフォーム「Aras Innovator」をデンソーが採用したと発表した。自動車部品の設計開発データを適切に管理するための技術部品表プラットフォームとして運用する。

業務プロセスに合わせてカスタマイズ可能な点を評価

 デンソーがAras Innovatorを採用した理由について、アラスは「豊富な標準アプリケーションによって開発期間の短縮化が図れること」「自社の業務プロセスに合わせてカスタマイズ可能なアーキテクチャであること」「アップグレードが容易で、長期にわたって製品データを管理し続けられること」(いずれもプレスリリースより抜粋)の3点が高く評価されたことが主な理由だと説明する。

 従来、デンソーはホストシステムやWebクライアントなどのオープン系システムを組み合わせて、自社の業務プロセスに最適化した技術部品表システムを構築、運用してきた。しかし、同システムの老朽化に伴い、パッケージ製品でありながら独自の業務プロセスに柔軟に対応可能なAras Innovator上でシステム全体を新たに刷新、統合することを決めた。Aras Innovatorの採用により、デジタル製品情報の統合的な管理とともに、設計部品表など設計情報のトレーサビリティー確保や、CADデータの設計情報活用による業務効率化などに期待を寄せる。

 アラスの日本拠点であるアラスジャパン 社長の久次昌彦氏は、プレスリリースの中で「競争力を維持するには、現在だけでなく、将来のニーズまでも満たし、顧客に満足してもらえるようなテクノロジーが必要だ。デンソーは、アラスの柔軟でレジリエントなプラットフォームを活用することで、現在顧客が導入しているシステムはそのままに、組織全体が信頼できるデータに基づいて意思決定が行えるようになる」とコメントしている。

デンソーがAras Innovatorを採用した*出典:アラス[クリックして拡大]

⇒その他の「製造IT導入事例」のニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.