ニュース
» 2020年12月17日 08時00分 公開

JOLEDとAERQが協業、航空機客室に中型サイズ有機ELディスプレイを導入へ組み込み採用事例

JOLEDはAERQと協業し、中型サイズ有機ELディスプレイを航空機の客室デジタルサイネージや座席内システムへの導入を目指すと発表した。

[MONOist]

 JOLEDは2020年12月1日、中型サイズ有機ELディスプレイの航空機客室への導入を目指し、AERQとの協業を発表した。

キャプション 航空機客室への有機ELディスプレイ導入イメージ(クリックで拡大) 出典:JOLED

 AERQは、LG電子とLufthansa Technikによるジョイントベンチャーで、2019年に設立された。航空会社向けに、オープンITプラットフォーム、座席内システム、客室デジタルサイネージからなる航空機客室のデジタルエコシステムを提供している。これまでに客室デジタルサイネージとして、大型有機ELディスプレイを用いたウエルカムボード、天井パネル、透明ディスプレイパーテーションを開発、提案してきた。

 JOLEDは、2015年にソニーとパナソニックの有機ELディスプレイ開発部門を統合して設立。これまで、医療用モニター、プロフェッショナルモニター、車載ディスプレイ向けに、中型サイズ有機ELディスプレイの製造開発を進めてきた。印刷方式を採用した量産工場からの出荷開始を控え、次のステップとして航空機内用途への参入を図る。

 航空機客室ディスプレイは、設置スペースや重量に制限があり、ユーザーが比較的近距離で一定時間閲覧する。有機ELディスプレイは、極薄、軽量で柔軟、広い視野角で高速応答とその特徴を生かすことができる。

 今回の協業により、航空機業界に向けて中型有機ELディスプレイの長所をアピールすることで、機内の客室デジタルサイネージや座席内システムへの導入を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.