ニュース
» 2020年12月17日 06時00分 公開

「ヤリス」など4万5000台リコール、防錆油でインプットダンパーに異常な滑り電動システム

トヨタ自動車は2020年12月16日、「ヤリス」「ヤリス クロス」のリコールを国土交通省に届け出た。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2020年12月16日、「ヤリス」「ヤリス クロス」のリコールを国土交通省に届け出た。不具合が発生したのはハイブリッドトランスアクスルのインプットダンパーと、後部座席のシートベルトアンカーブラケットだ。対象となるのは2019年12月11日〜2020年10月17日に生産された車両で、2車種合計で4万5373台に上る。

「ヤリス」のリコールを届け出た(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 届出内容によると、ヤリスとヤリス クロスのハイブリッドトランスアクスルのインプットダンパーは、防錆油の塗布が不適切なためダンパーの動力伝達部に付着することがある。そのため、急加速時にダンパーに異常な滑りが発生して警告灯が点灯し、最悪の場合はハイブリッドシステムが停止する恐れがあるという。市場から寄せられた不具合件数は74件に上る。全車両でインプットダンパーを良品と変更して対応する。

ハイブリッドトランスアクスルのインプットダンパーが交換となる(クリックして拡大) 出典:国土交通省

 ヤリス クロスのシートベルトアンカーブラケットは、後部中央座席に搭載された金属製ブラケットの加工が不適切なため、衝突時の衝撃によって鋭利な端部でシートベルトが損傷する場合がある。そのため、最悪の場合はシートベルトが破断し、乗員を拘束できなくなる恐れがある。全車両でシートベルトアンカーブラケットに保護材を追加する。

シートベルトアンカーブラケットは保護材を追加する(クリックして拡大) 出典:国土交通省

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.