ニュース
» 2020年12月18日 06時30分 公開

FAニュース:プログラミングレスの現場作業支援基盤を展開、DMG森精機が新会社設立

DMG森精機は米国Tulipが開発した、デジタル化により製造現場の生産性向上を支援する「TULIP」を国内展開する新会社「T Project」を2020年9月に設立し、本格展開を開始したことを発表した。

[MONOist]

 DMG森精機は2020年12月17日、米国Tulipが開発した、デジタル化により製造現場の生産性向上を支援する「TULIP(チューリップ)」を国内展開する新会社「T Project」を2020年9月に設立し、本格展開を開始したことを発表した。

 Tulipは2014年創業のスタートアップ企業で、DMG森精機とは2019年に資本・業務提携を行っている。TULIPは製造現場の課題解決をデジタル化で支援する製造支援アプリケーション作成プラットフォームである。作業手順書や品質管理、機器モニタリングなど多様な機能を持つアプリケーションを、プログラミングレスで現場担当者自身が簡単に作成できることが特徴である。

photo TULIPで作成したデジタル作業手順書のイメージ(クリックで拡大)出典:DMG森精機

 紙の作業手順書や品質チェックシートのデジタル化、生産データの見える化、工程改善などを簡単に行え、製品仕様や工程の変化にも柔軟に対応できる。さらに、製造現場では計測機器や既存システムなどとも連携可能だ。現場主体の工程改善やデジタル化に貢献するという。

photo 指示灯やセンサーなどIoT機器との組み合わせが可能(クリックで拡大)出典:DMG森精機

 TULIPは自由度が高いため、さまざまな業種で活用可能だ。例えば、医薬品製造業では医薬品製造の手順書や品質・トレーサビリティー管理システムとして使用し、食品加工業では複数言語や動画を活用した作業手順書として活用できる。販売価格は1ライセンスで年間36万円としている。バーコードリーダーやフットペダル、指示灯、センサーなどすぐに導入可能な基本セットの同時販売(別売り)なども行う。

photo 基本セット(クリックで拡大)出典:DMG森精機

 工作機械ユーザーに限らず活用できるため、既存のDMG森精機製品にとどまらない可能性があるため、新会社であるT Projectを設立し、独立した展開を進める方針である。T Projectの資本金は1000万円でDMG森精機の100%出資子会社となる。

photo T Projectのロゴ 出典:DMG森精機

≫「FAニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.