ニュース
» 2020年12月18日 12時00分 公開

ドローンの早期社会実装に向け、長野県にドローンの研究開発拠点を開設ドローン

VFRは、国内でのドローンの社会実装を加速するため、長野県にある親会社のVAIO本社敷地内に研究開発拠点「VFR インキュベーションHUB」を開設した。ドローンの開発試作、量産試作ラインを設置する予定だ。

[MONOist]

 VFRは2020年11月25日、国内でのドローンの社会実装を加速するため、親会社のVAIO本社敷地内(長野県安曇野市)に研究開発拠点「VFR インキュベーションHUB」を開設した。

 VFR インキュベーションHUBにはドローンの開発試作、量産試作ラインを設置する予定。量産以降はVAIOに委託し、同HUBと連携しながら、開発から製造、アフターサービスまでワンストップで提供する体制を整える。

 VFRは、ドローンによる社会インフラの革新を推進および加速する機体開発、ソリューションの提供を目的として、2020年3月に設立された。2020年5月からは自律制御システム研究所(ACSL)と協業し、社会実装可能な物流用ドローンの機体開発を進めている。

 また、2020年8月には長野県の依頼で、土砂崩れのため人が近寄れないエリアの被害状況をドローンを利用してACSLと共同で調査した。以降、県の課題に対してドローンを活用したソリューションを提供する方針で、長野県との連携を強めている。

 今後もさらにパートナーシップを拡大して、社会実装可能なドローンの研究、開発、製造を加速し、早期に量産段階へ進むことを目指す。

キャプション 委託先のVAIOでドローン開発をする様子(クリックで拡大) 出典:VFR

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.