ニュース
» 2020年12月21日 07時30分 公開

中小型部品加工向けのコンパクトなCNC旋盤、省スペースで自動システム構築可能FAニュース

ヤマザキマザックは、中型、小型部品の加工に適したコンパクトなCNC旋盤「QTE」シリーズ2機種を発売した。搭載するCNC装置を「MAZATROL SmoothEz」「MAZAK FZ」の2種類から選択できる。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは2020年11月16日、中型、小型部品の加工に適したコンパクトなCNC旋盤「QTE」シリーズを発売した。対象ワークサイズの異なる「QTE-100 SG」「QTE-200 SG」の2機種を展開する。

 QTEシリーズは、ビルトインモーター式の主軸を採用しており、高回転域でも加工面品位が安定している。また、熱変位制御機能を搭載し、多様な環境において高い加工精度を維持する。機械サイズがコンパクトで、切屑搬出装置の背面配置にも対応可能なため、省スペースで自動化システムが構築できる。

キャプション CNC旋盤「QTE-200 SG」外観 出典:ヤマザキマザック

 同シリーズは、搭載するCNC装置を「MAZATROL SmoothEz」「MAZAK FZ」の2種類から選択できる。

 MAZATROL SmoothEzは、同社の対話型CNC装置「MAZATROL」シリーズの新型エントリーモデルで、15インチタッチパネルを採用し、表示画面の各種カスタマイズに対応する。その他、プログラムの作成や修正を容易にするクイックマザトロール機能、オフィスPC上のCAD/CAMソフトウェアとの連携機能など、生産性を高めるさまざまな機能を搭載する。

 MAZAK FZは、Gコードによるプログラミングに対応。従来モデルと比べて操作性や保守性が向上しており、プログラムのメモリ容量を大幅に増やすなど、基本性能も強化されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.