ニュース
» 2020年12月22日 09時00分 公開

バリューチェーンのデータ統一基盤開発に向け、提携を強化製造ITニュース

SAPは、NTTとの戦略的提携を拡大すると発表した。SAPのIoTや機械学習技術とNTTのICT技術やハイブリッドクラウド技術を組み合わせ、バリューチェーンのデータ統一基盤となるソリューションを共同開発する。

[MONOist]

 SAPは2020年12月7日、バリューチェーンのデータ統一基盤となるコネクテッドバリューチェーンソリューション開発に向け、日本電信電話(NTT)との戦略的提携を拡大すると発表した。

 両社はこれまで、ハイブリッドITインフラやセキュリティ、アプリケーション、プラットフォーム、マネージドサービスなどの分野において協業してきた。

 今回の提携拡大により、SAPのIoT(モノのインターネット)やエッジコンピューティング、ML(機械学習)を含む技術と、NTTのICT技術、ハイブリッドクラウド技術を組み合わせ、デジタルでつながるコネクテッドバリューチェーンソリューションを共同開発する。

 このソリューションによって、顧客からサプライヤー、小売業者、製造業者、配送業者まで、統一化、自動化された連携ができるようになる。これにより、パフォーマンスの改善や顧客体験の変革が可能になり、新たなビジネスモデルが構築できる。

 さらに、データへのリアルタイムアクセスと分析を可能にすることで、企業はサプライチェーン全体の俊敏性と弾力性を高めることができる。例えば、コネクテッドサイトにより、拠点内の備品資産の追跡など業務効率化が可能になる。コネクテッドプロダクトでは、製品トレーサビリティーにより、エンドツーエンドでのサプライチェーンを可視化できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.