「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2020年12月23日 06時00分 公開

ジャストインタイムなモビリティサービスへ、トヨタが運行管理システムを発表モビリティサービス

トヨタ自動車は2020年12月22日、モビリティサービス専用の自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の実用化に向けた運行管理システムを発表した。イーパレットは2020年代前半に複数の地域で商用化する他、トヨタ自動車東日本 東富士工場の跡地で2021年2月に着工するコネクテッドシティ「Woven City(ウーブンシティ)」での運行を計画している。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2020年12月22日、モビリティサービス専用の自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の実用化に向けた運行管理システムを発表した。イーパレットは2020年代前半に複数の地域で商用化する他、トヨタ自動車東日本 東富士工場の跡地で2021年2月に着工するコネクテッドシティ「Woven City(ウーブンシティ)」での運行を計画している。

複数台のイーパレットを走らせる運行管理システムを発表した(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 イーパレットを使ったモビリティサービスでは、トヨタ生産方式(TPS)の考えに基づき、「必要な時に、必要な場所へ、時間通りにいける」「必要な時に、必要なサービスやモノが、時間通りに提供される」というサービスを目指す。今回発表した運行管理システムも、ジャストインタイムでユーザーの待ち時間短縮や混雑緩和を実現する。

 運行管理システムは、車両を管理する「Autonomous Mobility Management System(AMMS)」と、少人数での運営を実現する「e-Palette Task Assignment Platform(e-TAP)」で構成されている。車両管理のAMMSは、必要なときに必要な場所に必要な台数を配車するため、停留所で待つユーザーが増えるなどリアルタイムな移動ニーズに基づいて事前の運行計画からフレキシブルに変更。車両を自動で追加したり、回送したりする。イーパレットの運行ルートが交差する場合は、運行管理センターを経由して情報をやり取りし、譲り合うことができる。

譲り合いなども可能だ(左)。車いすやベビーカーでも乗りやすいよう、バス停に近づけて停車する(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 車両を追加する場合は運行間隔のばらつきを防ぎ、等間隔での運行を実現する。車両の異常が検知された場合は自動で車庫に回送し、代わりの車両を運行ルートに即座に投入することで運行を安定させる。緊急時には、遠隔で車両の停止や自動運転の復帰を操作することが可能だ。

 少人数での運行管理をサポートするe-TAPでは、1人が複数台を管理できるようにし、搭乗員や保守員など運行に必要なスタッフへの作業指示も自動で行う。作業のタスク管理によりメンテナンスのリードタイムを短縮し、限られたスタッフで高品質なサービスを実現する。AMMSとe-TAPは、APIを介してモビリティサービスに必要なさまざまな機能をモビリティサービス事業者に提供するオープンなプラットフォーム「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の新機能という位置付けだ。

少人数で複数台のイーパレットを運用できるようにする(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 イーパレットはトヨタ自動車が取り組む新たな開発方針「ソフトウェアファースト」を体現する車両だ。ソフトウェアやサービス、新しい機能を開発しながら、さまざまなハードウェアプラットフォームに実装していくことで、モビリティサービスを実用化する。ユーザーの声を聞きながら、モビリティサービスが提供する価値やサービスは随時改良する。トヨタ自動車は、ハードウェアにおける耐久性や修理のしやすさ、交換部品の入手しやすさといった強みと、ソフトウェアやIT技術を融合することにより、モビリティサービスにおける競争力を高める。

 2021年1月からは、トヨタ自動車のコネクティッドカンパニーのプレジデントである山本圭司氏がChief Information & Security OfficerとChief Software Officerを務め、「ソフトウェアファースト」を一層推進していく。

→その他の「モビリティサービス」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.