ニュース
» 2020年12月24日 15時00分 公開

医療機器ニュース:嚥下機能を持つ完全埋め込み型の人工舌を発明し、特許取得

東北大学は、完全埋め込み型の「食物を飲み込む機能を持つ人工舌」を発明し、特許を取得した。この人工舌は、嚥下機能の補助デバイスとしての応用や完全自動化も計画されており、口腔がん手術後の患者のQOL改善に役立つことが期待される。

[MONOist]

 東北大学は2020年12月9日、完全埋め込み型の「食物を飲み込む機能を持つ人工舌」を発明したと発表した。かとう耳鼻咽喉・嚥下クリニックと共同で開発を進めていた「完全埋め込み型人工舌システム」を活用したもので、同年11月に特許を取得している。

キャプション 「完全埋め込み型人工舌システム」 出典:東北大学

 完全埋め込み型人工舌システムは、形状記憶合金などを応用したアクチュエーターと、体外から非侵襲的にエネルギーを供給する1次コイル、体内に埋め込まれた2次コイル、コントロールシステムで構成されており、嚥下機能を再現する。例えば、食物を飲み込もうとする場合、皮膚の外から下顎に1次コイルを接触させて、舌の動きを制御する。

キャプション 「人工舌システム」の設計と人工舌モーションモデルのレントゲン画像(1:食物塊、2:人工舌アクチュエーター、3:2次コイル、4:1次コイル) 出典:東北大学

 また、埋め込み型ではなく、嚥下機能を補助するデバイスとして応用する計画もある。

キャプション 舌がん手術後のサポーティングデバイスとしての応用の一形態(クリックで拡大) 出典:東北大学

 研究チームは今後、人工舌システムに自動制御システムを取り入れて、メンテナンスフリーの完全自動化とすることも視野に入れている。

キャプション 患者自身が「人工舌」の嚥下動作をコントロールできるシステム(クリックで拡大) 出典:東北大学

 舌がんを含めた口腔がん手術では、術後の舌の再建技術は向上しているものの、再建した舌の部分が動かないため、食物の飲み込みや会話の機能に障害が残るなど患者のQOLを損なう。同人工舌で口腔機能を補うことにより、患者のQOL改善に役立つことが期待される。

キャプション 舌がん手術の概念図(クリックで拡大) 出典:東北大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.