ニュース
» 2020年12月24日 09時00分 公開

通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップ構築製造マネジメントニュース

KDDIとSUBARUは、通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップを構築した。クルマとコールセンターを24時間365日接続する先進事故自動通報やSOSコール機能などを提供する。

[MONOist]

 KDDIとSUBARUは2020年12月8日、事故発生時の自動通報機能の実現など、通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップを構築したと発表した。

 SUBARUは「人を中心としたクルマづくり」のコンセプトの下、さまざまな面からの安全を強化し、2030年には死亡事故ゼロを目指している。KDDIは車載通信機を搭載した車両の位置情報から、国や地域ごとに選定した通信事業者への自動的な接続と、通信状態の監視を統合的に行う「グローバル通信プラットフォーム」を、79の国と地域で展開している。

 今回の両社のパートナーシップによって、クルマとコールセンターを24時間365日接続する先進事故自動通報やSOSコール機能などを提供する。これにより、事故やトラブル発生時の安全確保や早期救命に貢献する。また、通信回線を利用したリコール情報の配信や故障診断アラート機能なども提供する。同機能は、SUBARUの新型「レヴォーグ」を皮切りに展開していく予定だ。

キャプション 連携イメージ(クリックで拡大) 出典:KDDI

≫「製造マネジメントニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.